かけ・・・その2

 先日「かけ」をしようとしました。結局4人が参加してくれました。出来は・・・・。これをきっかけに「よい習慣」がつくといいな~。提出してくれた回答のリンクを以下に記載します。ご一読ください。
回答1
回答2
回答3
回答4
b0098477_19533083.jpg






















 私が欲しかった回答は
(1)着目したいものを決める。
回答1では「アイスクリームの量」と「いちごの数」という異なったものに着目してくれました。冷蔵庫なら容量でしょう。自動車なら?乗車できる人数かな?エンジンの出力に着目する人もいると思います。「お買い得」というのはその人の主観によると思います。人によって着目するものが異なります。また着目するものは容量など比較しやすいものだけではありません。数値で表せないものもあります。その場合はどうしたらよいか・・・これはみなさんへの宿題にしましょうか?(^^)
(2)価格÷着目した商を求める。
価格が同じなら量が多いほうがお買い得なものが多いです。ですが、軽いほうが性能がよい。小さいほうがよいというものもあります。なので、商が小さいときにお買い得のものも、商が大きいときにお買い得のものもあります。回答3では商が小さいほうがよいと記載してありますが、その理由を記載してありません。説明が不足しています。
(3)商をグラフで表す。
☆このときに、商品の銘柄と商を比較したグラフ作成した人には満点を挙げられません。
☆横軸に着目したい数値、縦軸に価格を表してください。たとえば冷蔵庫を選ぶときには家族の人数が重要な条件です。「価格÷容量をチェックしてお買い得」だからといって、2人家族の家庭が5人家族用の大きな冷蔵庫を買うのは??です。家族の人数に見合った容量の冷蔵庫を比較しないといけません。なので、横軸に着目した数値を使うんです。回答3のようなグラフが必要です。
(4)分かりやすい説明文が必須です。
(1)から(3)の手順を考えて資料を作っても、説明が不足していると「0点」です。分かりやすい説明できるようになってくださいね。

 回答を提出してくれた人には、全員お昼ご飯をご馳走することにしました。努力賞というところかな?そうだ・・・回答1を作成してくた人は、甲子園球場で野球観戦をした>22:00ころに帰宅>3時間かけて資料を作ったのだそうです。十分、努力賞に値するでしょう?(^^)v
[PR]
by cadic4d | 2009-09-07 20:28 | 思いのまま | Comments(2)
Commented by morinokuma3715 at 2009-09-07 23:59 x
努力章じゃなくって・・・・努力商、、、、あっ違った努力賞ですよね(笑)
Commented by cadic4d at 2009-09-08 05:26
すんません・・・・いま 直しました。