教育って儲からない

 会社をおこしてしばらくの間は自ら営業+教育担当として走り回ってました。走り回った分、個人事業主としてなら、十分過ぎるくらいの売り上げがありました。でも会社となると・・いろんなところで金が必要でした。おおむね、お客様からの支払いが教育終了の後2ヶ月でした。2ヶ月後には入金確実なんですが、銀行残高がどんどん減っていきました。そこで自分の給与支払いを2ヶ月遅らせたことがあります。
 さて、がんばって教育しても同一の部門からは繰り返しての教育依頼はありませんでした。受験生なら、教わったことを友人に教えないでしょう?ライバルに塩を送るなんて。しかし企業では教わったことを社内で広め、そして社外に出す費用を節約します。当然です。食うために、次から次へとお客様を探す必要がありました。ある意味、自転車操業でした。怪我か病気になったら、どうなるんだろう?と不安を感じてました。また、鉛筆などの消費財を見て「こんな磨り減るものを商売にしないと駄目だな~」としみじみと感じてました。これからどうしようかな?と悩んでた時期です。
 とは言っても、コンサルティングを壊滅させるようにWEBで閲覧できるCAD教材を作成しました。大手企業のエンジニアは教育中に給与をもらえる。でも下請けの中小企業では、教育は自腹になる可能性が高い。中小のおっちゃんがビール片手に自宅で勉強できるように・・・と。当時WEBで公開した教材は、日本はもちろん米国でも存在しませんでした。推敲をするために印刷したら全部で1500ページありました。内容・量ともに世界一かな?と思ってます。それも無料で公開したものは・・・いまでも、これだけしかないようです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
目次を記載しておきます。
http://www.cadic4d.com/the_way/the_way.htm
[PR]
by cadic4d | 2007-11-13 22:03 | 会社に関すること | Comments(6)
Commented by composite at 2007-12-09 10:06 x
初めてコメントさせて頂きます。compositeと申します。
いつも拝見させていただいております。
この日のブログを見て依頼、「WEBで閲覧できるCAD教材」をネット上で探していたのですが、見つかりませんでした・・。現在は閲覧できないのでしょうか?
CADの操作方法でなく、設計の本質を教育する御社の教育スタイルには非常に感銘を受けております。
この先講習を受けることも考えているのですが、その前に予習をしておきたいと思い、「初歩から学ぶ、3次元CAD活用設計再入門」も購入させていただきました。
「WEBで閲覧できるCAD教材」の件、ご検討頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。
Commented by cadic4d at 2007-12-09 18:29
 コメントありがとうございます。
 弊社の教育は2つに大別できます。ひとつは設計の手順を学ぶもの。もうひとつはCADの操作に関するものです。後者は1000フィーチャを超えるような部品を作成する、自動車のボディのように定義の難しい曲面を作成する場合に必要です。前者の教育を受講するには、不要です。
 さて、教材ですが・・・以下にUPしてもらってます。自社で容量の大きなサーバを持つのが苦しくって。
http://www.ab-join.com/
 もう1社にも協力していただいてたのですが・・・協力してくださってた企業に対して、CAD販売会社から圧力がかかりました。それで 掲載を中止させてもらいました。
 これで見ていただけるかな?
Commented by composite at 2007-12-09 22:32 x
ご返答ありがとうございました。
今まで独学で3DCADを触ってきていたので、モノは作れていても、それが効率的であるかどうかの判断はつきませんでした。
勉強させていただきます。
設計って、知れば知るほど楽しいですよね!
材料力学とか構造計算も勉強したいと思っています。
もう36歳ですが・・・。
Commented by cadic4d at 2007-12-10 05:33
◇CAD操作に関して・・・へえ~と思っていただけるところがあると思います。ぜひ 読んでください。CADのバージョンが古くても・・コマンドを使う際のコンセプトは同じです。使っていただけると思います。
◇手を汚した&辛い経験+知識、この2つが合わさると 開花しますよね。どちらか1つだけでは「そこそこ」に達するまで、多大な時間がかかります。compositeさんは経験いっぱいあるだろうから、大丈夫ですよね。
Commented by aihr at 2008-06-30 12:23 x
いつも楽しく読まさせていただいています。
自分は、IT商社でCATIAの教育やコンサルを行っています。

確かに教育は儲かりませんよね。
でも、これから様々な場面で一人で対処しなければならない受講者のため、魚よりも魚の取り方を、丁寧に厳しくしつこく教えるように心がけています。

そうして教えた内容の内の1/10でも、受講者の社内で広まってくれれば、少しは世のため人のためになったのではないかと自己満足しています。
もちろん商売のネタですから、知識が枯渇したり陳腐化しないよう、講師もコンサルも日々之勉強なんですが。

また、自分が10のことを理解していないと、講習の短時間の間に1の事を説明することはできませんから、受講者の10倍の勉強が講師には必要です。Webや本ももちろん、友人・知人やかつての受講者や仕事を共にした方々からいただく生の情報が、糧になっています。

筒井さん、西川さんのさまざまなお話からも、とても貴重なことを教わっており、感謝しています。
陰ながら応援させていただきますので、これからもこのブログ、お願いしますね!
Commented by cadic4d at 2008-06-30 16:59
誉められても・・・書くねたがない・・・あ~ どうしよう?(^_^;