カテゴリ:セミナ・講演( 310 )

 今年インターンに来てくれた人がポスター展示をするとの連絡を受けたので高専女子フォーラムin関西を見てきました。パンフを見たら「夏休みセミナ」という単語があります。誰が?と名前を見たら、今年の夏に参加してくれた女性でした。合計49件のポスタのうち、2件に関わってたとわかりました。結構、すごいことかも?
 ご褒美?の代わりに「晩御飯を奢ってあげるから、連絡しておいで」と言って、会場を去りました。
 夏休みセミナに参加した方、彼女 わかります?
b0098477_1752944.png























もう一人のポスタの一部です。弊社の宣伝資料みたいになってました。
b0098477_176548.jpg
[PR]
 今年インターンに来てくれた人がポスター展示をするとの連絡を受けたので高専女子フォーラムin関西を見てきました。パンフを見たら「夏休みセミナ」という単語があります。誰が?と名前を見たら、今年の夏に参加してくれた女性でした。合計49件のポスタのうち、2件に関わってたとわかりました。結構、すごいことかも?
 ご褒美?の代わりに「晩御飯を奢ってあげるから、連絡しておいで」と言って、会場を去りました。
 夏休みセミナに参加した方、彼女 わかります?
b0098477_1752944.png























もう一人のポスタの一部です。弊社の宣伝資料みたいになってました。
b0098477_176548.jpg
[PR]
 ラストミニッツならぬ、ラストアワーズです。午後から講演をさせてもらいます。その際に使うプレゼン資料を手直ししてます。昨日「おうどんをおごってくださったお客様」に、その資料を見てもらい・・・悪いとkろを見つけました。それまでに直さないと!!!! 
 画像は朝の散歩の途中で撮った日の出です。
b0098477_10223933.jpg
[PR]
 午後からルワンダ出張報告会に行ってきました。そこで国連の方と名刺交換をさせていただきました。東京に行く際に、お会いする約束をしてきました。国連の施設の中って どんなだろう?
 画像は、朝の散歩で通ったところです。大山崎山荘の入り口です。
b0098477_2012384.jpg
[PR]
 今日は午後からSolidWorksWorld Japan2016に行ってきました。企業の方の講演は・・・・(>_<)。最後に京大の学生フォーミュラクラブの学生さんの講演がありました。聞いてて、楽しかった! おおむね 以下の手順でフォーミュラの開発をしてると。
(1)目標を明らかにする
(2)目標を達成できるような構造を考える
(3)製作する
(4)実験して、目標を達成できたかを確かめる
(5)対策をする
最後に質問させてもらいました。
Q1:企業では、こんな手順で開発してません。あなたたちがやってる手順は素敵です。で、いつからこんな手順で開発してますか?
A1:5年ほど前です。結果が芳しくない時代がありました。そこで、開発の手順を大きく見直しました。それ以来、こんな感じです。
Q2:あなたたちは自発的に&理屈を通して開発してるから、すごく楽しいと思う。でも企業にはいると(>_<)の手順になってしまう。あなたたちの先輩で、企業に入って落胆したという人はいないですか?
A2:学生時代の開発は楽しかった。あんなに楽しいことはない・・・と聞いてます。
そのあと、名刺交換をさせてもらいました。その際に
私:以前はY先生という方が親分をしてた。いまは六甲の山にこもってて・・・。で、いまは?
学:M原先生です。
私:えっ! そうなの??? それでか。
[PR]
 大学で講演をしてきました。今年は無記名で感想文を書いてもらいました。無記名だから、批判的なことを書いてくれるかな?と思ったんですが・・・学生の反応 よかったです。(^○^)
 夕方に学校の近くの中華料理屋さんで同級生のIくん・Yくん・Tくん+Y社のAさん+学生2名で晩御飯。その際にTくんに「前回会ったときにくらべて対応表の使い方、進化したよ」というプレゼンをしました。それを見てたYくんが「すごく楽しそうにプレゼンするね。」と。そうなのかな? そういえば 以前 米国で同じことを言われたことがあります。そんなに楽しそう?
 講演中にビデオを見せてました。その際の教室の様子です。70余名が聴講してくれました。
b0098477_23275473.jpg
[PR]
 午後から大阪のNECさんで講演をさせてもらいます。早めに現地入りしないといけないから・・・あと30分くらいで事務所を出ようかな?
 さて、昨年の後半から企業や学生さんを指導する際に「主従の関係を明らかにする」というキーワードを使っています。いま、その可視化ツールを作っています。夏休みセミナで主従の関係を可視化する表を紹介したら、同級生のI君が「こうしたら、簡単に表現できるんじゃない?」とアドバイスをくれました。それをきっかけにして、GoogleScriptくんとにらめっこを始めました。「表に記載した数百の情報の中から、着目した情報だけを抜き出して&見やすくする」というアルゴリズムを思いつかず、数日過ぎてしまいました。でも、先が見えたような?先ほど、プロトタイプができあがりました。今日の講演で見せようかな?
 画像は、記事と関係ありません。今朝の散歩で見つけた神社です。「関大」明神でなく、「関」大明神と読むんでしょうね。
b0098477_10253443.jpg
[PR]
 検算のアルゴリズムを考えてる際に「複雑に見える関係でも、特定の条件を付加すると簡単に表せる。ソフト作るのにGotoを使っちゃダメ、フローチャートでなくPADで書けとか・・・そんな感じになる!」と気づきました。まだ、うまく説明できないんですが(^_^;
 今日は琵琶湖の北を回って、おでかけです。さあ、犬の散歩に行ってこようっと。
[PR]
 今年の夏休みセミナの目玉の一つ・・・主従の対応の検算の方法・・・思いつきました。この方法を使ったら製品開発した際のトラブルを数百分の1(もっと?)に減らせるかも?
 いま、これをコマンド一発で表現するアルゴリズムを考えてます。
[PR]
 夏休みセミナを終えました。ほっとしました。帰宅すると甘えん坊が待ってました。おやつを食べるよりも前に、ひとっ走り。
b0098477_19473347.jpg
[PR]