カテゴリ:読書( 295 )

 昨日 某出版社の方が「出版しませんか?」と営業に来てくださいました。「申し訳ないですが・・・」とお断りしました。その際、お土産にと著者名が筒井になってるハードカバーの本をくださいました。中を見ると白いページばかりです。できあがりのイメージを見せて話を進める。うん。ただしい。本の裏にISBNコードも記載してありました。でも、調べたら 以下の本でした。(^○^)
 いまビッグサイトにいます。設計製造SOL展を見に来ました。内容はね・・・。タイとマレーシアのブースがありました。「オフショア開発どうですか?」でした。
b0098477_11544005.png

[PR]
 具体と抽象を読み始めました。面白そうな予感。お試し部分にあったフレーズを。
言語能力は抽象化能力と表裏一体のものです。したがって、たとえ人間犬の「自動翻訳機」ができて、単語レベルの変換が可能になって話ができたとしても、抽象化のレベルが合わなくては、コミュニケーションにならないはずです。
鮪も鮭も鰹も鯵も、まとめて「魚」と呼ぶことで、「魚を食べよう」とか「魚は健康に良い」という表現が可能になり、「魚類」の研究が進むことになります。「魚」という言葉(や同等の言葉)を使わずにこれらを表現しようと思うと、いちいち個別の魚の名前をすべて挙げることになります

ところで 昼前に見たハーレーのサイドカー。格好よかったな。側車に白黒コリー。画像検索したけど、該当するの出てきません。


[PR]
 月曜・火曜にあるお客様とのMTGの資料を作ってます。でも、ちょっと一息。昨日記載した本を読んでます。いまの章ではたとえ1字でも大切にせよと。例として「へ」と「に」の使い分けについて書いてあります。「へ」は方向を、「に」は到達点を示すとあります。さらに「京都への道順」というけど、「京都にの道順」とは言わないでしょうと。例を見てわかった気がします。
 ここまで書いて、次のページを見たら・・言語による周波数帯域が違うと載ってました。ふ〜ん。転記します。
b0098477_15415983.png
[PR]
 SEとプロマネを極める 仕事が早くなる文章作法 増補改訂版を読んでます。その中で語彙量と語彙力が想像力の源泉になるという記述がありました。なんとなく、うん。その語彙量を調べるサイトのURLが載ってました。試してみました。かろうじて大卒以上ありました。(^_^!
 さらに、こんな記載がありました。"ちなみに毎日新聞や読売新聞などの全国紙の場合、使用している語彙数は約3万語です。つまり中学を卒業していれば読めるようにしています。朝日新聞は約4万語なので高校を卒業している人を対象にしているのでしょう。日本経済新聞は5万語を超えます。"新聞によって語彙量がちがうんだ。

[PR]
 読んだ本の数を、あらためて見ました。去年は少年ジャンプを含めて174冊でした。データを取り始めたのは2008年です。2011年が最低で136冊。それに次ぐ数字です。去年は忙しかった? それとも寝てた?電子書籍の割合は2015年が62%。それに対して昨年は87%でした。書籍を買ったのは大半がアマゾンです。違うのは・・・少年ジャンプ(アップル)、日経ビジネス・日経ものづくり・自動車工業会誌(銀行振込)、機内誌・列車内誌かな?
b0098477_17165656.png
[PR]
 溜まってきた・・・。読まねば。
b0098477_21251175.png
[PR]
 今週はなしか。少年ジャンプ。;
b0098477_5563080.png
[PR]
 今朝の会話です。
私:今週の土曜に発売されるジャンプで、こち亀が終わりやねん。
家内:40年休まず、連載やろ。
私:うん。来週から、何を読もうかな?
家内:もう、卒業したら??
私:えっ!!
そんな発想なかったな〜。でも、ジャンプを読まないのは寂しい。読み続けるけど・・・う〜ん。
 画像は、昨夜見たヘリコプタです。5機編隊で大阪から飛んできて、北へ向かいました。舞鶴あたりにゴジラが出た?
 光ってる点=ヘリです。5機写ってないですが・・・
b0098477_874381.jpg
[PR]
 毎週、少年ジャンプをiPadで読んでます。そのジャンプアプリのアルゴリズムが変わったようです。以前は
◇ダウンロード終了になっても、数%しかダウンしてません。そのあとネット接続しながら読み進まないと、全部をダウンできませんでした。それが、最初のダウンだけで、全部ダウンロードできるようになったみたいです。
◇2週前から読みかけでiPadをロックすると・・・・ダウンしたデータがなくなってしまいました。これも、大丈夫になったみたい?
b0098477_2116437.png
[PR]
 AMAZOMの期間限定セールで65円だったんで、免疫学の電子書籍を買いました。最初の数ページは面白かった。でもすぐに飽きてしまいました。読んでて わかりにくいです。何がわかりにくくしてるのか、気付きました。主と従が逆なんです。この抗体は、こんな機能があって・・・と記載してあります。著者は抗体の分類をして、その結果を書いてます。読者は、その手順では 理解できないよ〜。たぶん、学生時代に使った教科書は、免疫の本と同じ順で書いてあったんじゃないかな?だったら、理解に時間かかると思う。学生の歩留まりはよく ならない。この手順で勉強した人は、主従を逆にしか考えられなくなる。これが諸悪の根源か?
 画面のキャプチャを貼り付けようと思ったんですが・・・著作権あるから・・(>_<;)
[PR]