カテゴリ:会社に関すること( 116 )

 ふ~。犬の散歩、食事、お風呂以外は ずっとPCの前に座って、就業規則と賃金規定の見直しをしてました。右のでっかいモニタにCAST・CADICの就業規則と、ANTYの就業規則を表示し、左のノートにそれぞれの目次を表示しました。複数のPCがあると、楽です。楽と言っても、朝から今までかかっても完了してません。(^_^;やっと、80%くらいできたかな?
 明日には完成かな?
b0098477_2047295.jpg
[PR]
 今日は社内勉強会です。派遣先で頑張ってくれている人のうち15名ほどが事務所に戻ってきてます。久々に顔を見る。うれしいです。勉強会を継続させるか否か、議論しようということになってたけど・・・顔を見る機会は残したいな。
b0098477_16332493.jpg
[PR]
 CADIC・CAST・ANTYの就業規則、賃金規定・・・たくさんの書類を 全て見直してます。予定より大きく遅れてて・・あ~、辛い。
 まず枝葉の書類から見直して、今朝から就業規則を見直してます。幹である就業規則を後回しにしてました。だってCADIC・CASTとANTYでは就業規則が大きく違うなんて予想してませんでした。大失敗です。
 さて作業を進めようとすると、初代社長さんが目次を作ってないことに気づきました。これじゃ、CADIC・CASTの就業規則と比較できん!急いで作りました。すごいです。章は1つだけで、48条もあります。作ったときの苦労は分かりますが・・・・メンテが大変。う~ん、いっそCASTの就業規則をコピペしたいけど、現在の両社の就業規則は大きく違います。それをいきなり一つにはできないな~。段階的にあわせるか。まず1段目として・・・う~ん。今週末は、こいつと格闘かな?
b0098477_1037527.jpg
[PR]
 申し遅れました。5/31で田中君がCADIC、CAST、ANTYの役員を辞任しました。今年の2月には「以前からやりたいと思ってたことがある。それを実現したいので。」と、私申し出てくれました。それを受けてのことです。以降、彼が担当してたことを引き継ぐのにてんやわんやでした。いや、今後もバタバタすると思います。社員のみなさん・お客様に「引継が完全でないために迷惑がかかる」ことがないように努めます。
 田中君、ありがとうございました。
[PR]
 土曜に会社の業績と、今後の方針についての説明会を開催しました。30余名の人が集まってくれました。説明した内容は・・・社員にだけ見られるHPに公開します。
 さて、今朝は大騒ぎです。天気予報を見たら大雨警報が出てる地域があります。我が家があるところが、どこに該当するのか?地域の区分が変わったようです。国土交通省のHPで確認しました(天気の区分は?)。どうやら、我が家は京都・亀岡に入るらしいです。で、我が家のあたりは大雨警報の地域らしいです。念のため、学校に電話したら・・出て来いって。がっかりして、学校に行きました(^_^;。
b0098477_736958.jpg
[PR]
 夕方から京都の喫茶店で監査役の方とMTGをしました。内容は内緒です。アイスコーヒー1杯+オレンジジュース1杯で2時間ねばりました。いや、ねばったのではなくって・・・MTGが長引いたというのが正しいです。
 しくじった・・・Edyを持ってたのに・・・現金で支払ってしまった。
 そうそう、この喫茶店は喫煙OKです。監査役さんは、タバコが好きなので、好都合だったそうです。
b0098477_21201738.jpg
[PR]
 GWには会社で使ういろいろな資料を作るという宿題があります。今日も、う~んとうなってます。
 画像は、息抜きを兼ねて買い物に行った近所のスーパの前で見つけた犬です。自転車のかごの中で、ご主人さんを待ってました。我が家の犬じゃ こんなにおとなしくしてないな。絶対に。
b0098477_1823999.jpg
[PR]
 朝からT君と喧々諤々のMTGをしてました。そのあと・・・内緒の資料を読んで「う~ん」とうなってました。資料の中身を見せられません。なので、その一部だけ・・・(^_^;。
b0098477_132387.jpg











 さて、昼休みに面白い記事を見つけました。紙と鉛筆、そして人間を使ってプログラムの基本を教える方法を記載してありました。なるほど。これに加えて異常事態の処理と、処理時間を考えられるようになったら・・・「なかなか」のレベルになれるだろうな。
[PR]
 「黙して語れず」について記載しようか?と思っていたのですが停滞という記事で、言いたいことを記載してしまいました。そこで、黙して語れずを割愛します。

--------------------------------------------------------------------------------------
 私の子供たちが幼稚園児だったころに運動会の見学に行ったことがあります。応援に来ていた父兄のパワーに圧倒されました。でっかい脚立+超望遠レンズ付きの1眼レフカメラを持ってきてる人がいました。早朝から応援の場所取りをしている人がいました。どの方も「生き生きとした目」で、お子さんの活躍を見ておられました。さて、指導に行った先の企業さんで、こんなに生き生きとした目をして仕事をしている方を見るのは「すごく稀」でした。仕事と子供の運動会で何が違うんだろう?こんな目つきで仕事をしてくれたら、どんなにすごい開発をできるんだろう??どうしたら、今日のような目で仕事をしてもらえるんだろう?と考えてしまいました。「生き生きとした目」をした人と一緒に仕事をしたい。これが私がやりたいことです。

 「生き生きとした目」となる鍵は・・・・私は寝食を忘れるくらい好きになることだと思っています。CADの操作練習をしている人に「何が好きですか?バイクでも楽器でも何でもいいです。一番好きなものを課題としてCADで作成してください。たとえば図面を見本にして練習したら、図面のとおりに出来上がった段階で満足するでしょう?それで練習をやめてしまうでしょう?でも、好きなものを課題にしたらどうですか?「手を抜く」や「まあいいか、ここまでで」なんてことをできないでしょう?」とアドバイスしています。夏休みセミナをボランティアで開催してるのも「生き生きとした目」の人と会いたいからかもしれません。

 そうそう、夏休みセミナの主催メンバに「大事なものを見抜く+論理的に考える・・・この考え方を世界に広めたい。夏セミは続けるけど、なかなか広まらないのが現実。Nさんクラスの人を100に集めて、同時に多数のプロジェクトを進めたい。従来に比べて数分の一の期間で開発を終えられると思う。そうすれば、世界中のエンジニアがこの手法を真似てくれるだろう。」と説明したことがあります。これに対して京都大学のM教授が「筒井さんは 世界征服したいの?」と切り返されました。ははは、するどい指摘です。征服者になりたいわけではないです。「大事なもの・・」という考え方に基づいて行動してるエンジニアは「生き生きとした目」をしています。こんなエンジニアであふれかえる世界にしてみたいという思いなんです。

 さて、CADICとして目指したい方向について記載します。
☆「生き生きとした目」をした人と一緒に仕事をしたい。
 「我こそは」と思う人は ぜひ 一緒に仕事をしましょう。

☆世界で並ぶところのないエンジニアリング会社にしたい。
特に開発期間を著しく短くすることを目標としています。CADの知識だけあっても、「大事なもの・・」の考え方を有するだけでも開発期間を短縮できません。現場で多くの修羅場をくぐった経験が大事です。社外から即戦力を集めています。また社内で育てつつある人材を、一時的に社外に出して開発の現場の緊張感を感じてもらっています。現場での経験をつんでもらってます。彼らが社内に戻ってきたとき、大きな戦力になってることを期待しています。これらのメンバで「期間は短いし、性能と製造コストはぴか一のものを設計してくれる。」と呼ばれるような受託設計をできるようになりたいと思っています。

☆頂点はもちろん、裾野も広い会社にしたい。
ホームランバッタを多数集めて優勝できなかったプロ野球チームがありました。エンジニアリングの世界も同じだと思います。ピラミッド構造のように頂点から裾野まで万遍なく、人材を集めたいと考えています。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++
 この文章を記載するだけで 合計30時間以上費やしています。なかなか頭の整理をできませんでした。とりあえず、現状で記載しておきます。また数日経って・・・読み直して 推敲を進めます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
目次を記載しておきます。
http://www.cadic4d.com/the_way/the_way.htm
[PR]
 自らのモチベーションが停滞していたので「仕事を維持するだけ」の数年が続きました。もちろんコンサルティングの依頼があった際には全力で指導させていただきました。特に技術的に難しい依頼なら「ルンルン」して指導させていただきました。このころから弊社の指導の幹である「一番大事なことを掴んでから、作業を進める。筋道たてて考える。こうすれば仕事を数倍以上早く終えられる」という考え方を世に広めたいと思うようになりました。社内でなく、社外に希望の先を見つけようとしたというんですかね。夏休みセミナや企業指導(コンサルティング)で精一杯指導させていただきました。当日には「すばらしい、明日からがんばる!」という感想をいただきます。でも、受講者のうちほとんどの方は1週間も経たぬうちに、もとに戻ってしまいます。「教育と仕事は違う。現実はね・・・」と思われるんでしょうか。これに、もどかしい思いをしていました。

 そこで「CADICのメンバを使って、現実の世界で数倍以上早い成果を見せてやる!その結果を見れば、CADICの仕事の進め方をまねる人が増えるだろう。そうすれば、数年のうちにCADICで教えてる考え方が世界に広まるだろう。」と考えました。そのためには
・Nさんクラスの人を100人集めたい。
・その人たちを5人づつのチームにして、少なくとも同時に20個くらいのプロジェクトを進めたい。
・Nさんクラス100人だけでなく、彼らをアシストするクラスの人もいっぱい必要。
・集めた人は、その日から成果を出せません。考え方や操作の教育が必要です。その間に食わせるためのお金が必要です。実践経験を積ませることも必要です。
ということで「Nさんクラスの候補者」を集め、育てる+育成期間の軍資金を集めるという目的でCADICの子会社「キャディック スタッフィング&サービス(株)(略してCAST)」を作りました。「絵に描いた餅」のようには簡単には進みません。でも、少しづつ人が集まってきてます。少しづつ育ってきています。07年12月末にはCADIC+CASTで約80人くらい(私やNさん、裏方さんを含めて)の集団になります。08年はさらに増やします。育てます。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++
目次を記載しておきます。
http://www.cadic4d.com/the_way/the_way.htm
[PR]