年に数度の割合で中国に行くことがあります。楽しみの一つに中華料理があります。ボーイが席の後ろに立って給仕してくれるようなお店や、1杯20円のラーメン屋まで行きました。どの店に行っても美味しいんです。日本で食べる中華とはまったく違います。日本の中華料理は「中華風の日本料理」という感じです。食材の種類や新鮮さも違うのですが、一番は味付けのバランスだと思います。「これだけ多くの唐辛子を使ったら辛くて食べられないだろう。」「この食材をこんな料理にするのか?」なんて驚きがいっぱいあります。米国出張だと1週間もいたら食べるものがなく、日本の食事が恋しくなってしまいます。しかし中国出張だと1週間の滞在でも飽きません。帰国の日に空港で「これが最後の中華だ~」と思いつつ、意地汚く中華を頬張ってしまいます。中国で食事をした方なら同感と思っていただけるはずです。こんな美味しい中華に魅せられた出張仲間から「中華料理禁断症状が出てきた。そろそろ中華を食いに訪中するかな?」なんてメールが飛んでくることがあります。その魅せられた仲間で「麻婆豆腐を食べたい。日本に美味しい麻婆はあるのかな?」という話題で盛り上がったことがあります。WEBを検索して、その中から有名所数箇所に行ってみました。「日本の中華にしたら、美味しいほうだね。でも違うな。辛いだけで深みがない。唐辛子と山椒のバランスが違う。それ以外に足りないものがあるな。」といっぱしの料理評論家のように文句を言ってしまいました。いや、本当に日本には美味しい麻婆豆腐はないみたいです。あ~こんなことを記載してたら、中華を食べたくなってきました。中国に行く仕事を作らないと!(^◇^)

b0098477_1361874.jpg

 さて麻婆豆腐と同じことがCADのデータ作成でもあるようです。自称/他称「CADバリバリ」という設計者や、CADコンサルタントが作成したモデルを見る機会があります。また彼らの説明資料を読むことがあります。でもポイントがずれてるんです。なんとか麻婆豆腐にはなってます。でも一口食べると「何これ?麻婆とは違うでしょう?」と言いたくなることばかりです。美味しい中華を食べたくなったら中国に行けばよいのですが、美味しいCADモデルに会うには日本・ヨーロッパ・アメリカのいずれにもありませんでした。どこに行ったら、いつになったら中国の麻婆豆腐のような美味しいCADモデルを食せるのかと思っているこのごろです。
[PR]
 昨日の朝 麗子ママを読み終えました。面白かった。でも・・・あんな終わり方嫌だ!!!絶対嫌だ!!!これ以上言うと、まだ読んでない方から「何をしゃべっとんねん。お前のおかげで、おもろないやないか!」と文句を言われそうです。なので、これで終わります。今日はこれだけです。では。

b0098477_23524898.jpg
[PR]
# by cadic4d | 2006-06-01 00:01 | 読書
 少年ジャンプを読んでいると、以前のブログで述べました。何故読むか?精神年齢が低いから・・・誰ですか?そんなことを言うのは(でも当たってるな~)。ジャンプに限らず少年漫画は主人公が「真正面から困難に挑む」ことが多いようです。私でも多少悩むことがあります。そんなときにジャンプを読むと「がんばらなきゃ!」と元気を出すことができます。アニメの主題歌も同様です。飛行機に乗った際に音楽を聞けますね。その際にアニメ特集を選ぶことがあります。アニメの主題歌はアニメ同様、元気を出すのに効果があると思ってます。
 ジャンプの中では「デスノート」「ワンピース」「こち亀」「アイシールド21」「銀たま」などを真剣に読んでます。これらすべてで元気が出るわけではないです。こち亀は長い間続いてますね。私が社会人になった直後、新入社員教育で亀有に行ったことがあります。駅についたとたん「亀有公園はどこかな?亀有公園前派出所はどこかな?」と探し歩いたことがあります。(実在しませんでした)さて、こち亀の作者の守備範囲は広いですね。自動車、飛行機、戦車、艦船、銃火器などは「よくこんなの知ってるな」というマニアックなものが登場します。さらに驚くのはリカちゃんの特集なんてのも出てくるところです。広く深く勉強してるなと感心してしまいます。b0098477_035547.jpg
 今週号はその内容ではなく、誌面のレイアウトに驚かされました。描いてある漫画の向きがばらばらになってました。そのために雑誌を左右逆にしたり、上下さかさまにしないと読めません。また画像を削除し、吹き出しだけにする。これじゃ漫画じゃないよな?と思ってしまいました。いや、面白いことをする作家ですね。


 今日はこのくらいで。では。
[PR]
# by cadic4d | 2006-05-31 00:44 | 読書
 私だけでなく息子もクルマ好きです。小学4年ですがブログを持ってます。
b0098477_21421661.jpgさて、その彼におねだりされて彼専用のPC(私のお古)のマウスを新調しました。自動車をイメージしたマウスです。先日クルマ屋さんで注文しました。今日受け取りに行きました。なんと「日本には2個しか入荷しなかった。入荷した直後に生産中止になった。」と言われました。不具合あったのかな?
まあ、何はともあれ日本に2個のマウスです。


 今日はこれから着替えて友人の結婚披露宴に行ってきます。のろけた様子を見てきます。
では。
[PR]
 移動時間に本を読むことが多い。少年ジャンプ、SPA、カーグラフィック、パラグライダーマガジン、DIME、日経ビジネス、日経プレジデント、単行本となったビジネス書、機械工学関係の専門書、ソフトウエア開発に関する専門書と、結構幅広く読んでいるつもりでいます。(いや幅狭いかも?)
 読んだ書籍の中に「これは面白かった」と言えるものがいくつかあります。先週末から「銀座麗子ママの成功の教え-マネジメントは自己実現-」を読んでいます。高橋朗という著者は「男性なのに、女性の言葉で書けるな~」と思うことしきりです。いやそうじゃなくって、内容が面白いですね。さて、その書籍に企業のコンセプトを再確認しようという記述がありました。例として生命保険会社があがってました。フィロソフィ、パーソナリティ、心理的ベネフィット、機能的ベネフィット、スペックの5階層に分けて記載されてました。生命保険会社のフィロソフィは「愛する人へのラブレター」でした。小説とはいえ、格好いいフレーズです。パーソナリティとはフィロソフィを擬人化したものだそうです。擬人化すると読み手がイメージしやすいのかな?心理的ベネフィットは顧客に提供できる感情的な価値。機能的ベネフィットは顧客に提供できる具体的な便益。スペックは上位の4つを具現化するために必要な骨組みと記載されてました。教育制度、組織、戦略、商品開発等だそうです。?b0098477_1523727.jpgCADICのコンセプト?

 現在弊社ではホームページを刷新しています。HP作成担当者や業者さんから毎日のように質問が飛んできます。個々には応えているのですが、全体として一本筋を通して説明できてないような気がしてました。その悶々としているときに「企業コンセプト」の文字が飛び込んできました。「面白そう、早速やってみようか?」と思い、ノートに書き込んでみました。書き込むと、頭の中を整理できるもんですね。数年前からフィロソフィの部分は「これだ!」と思うものがあったんです。うん。でもこれをいきなりスペックに展開してました。いつも顧客には論理的に考えろなんて言ってるのに、自分の経営について論理的でないのがわかりました。(反省)とはいえ、現状のスペックも間違いではありませんでした。いや、現状のスペックが「そこそこ」正しいとわかりました。よし&よし。と一人で頷いてしまいました。
 全体で400ページ弱の書籍です。そのうち1/3ほど読みました。残りを読んで、はたしてこのピラミッドが変わるか。
では。
[PR]
# by cadic4d | 2006-05-25 15:05 | 読書