アンケート その2

 アンケートの結果をまとめました。分析(?)はこれからです。2つのデータを載せておきます。
(1)「順序立てて考える」ことが大事だと 思ったのはいつですか?という質問に対する回答です。
・神戸大学の学生さんは「いまもわかってない」が少しと多いかな?仕様が不十分でもダンボールで機械を作るには困らないからかな?
・名工大の学生さんは「仕様を作成しているときにわかった」という人が多いかな?「尻を蹴り上げる」ような講演を受けたのが、効いたかな?
・仕様を作らせるだけでは「大事とわかった」と回答する人が半分くらいです。歩留まりを上げるには、不十分な仕様で「CAD作業や工作」で痛い目を見せないといけないと思いました。「CAD作業>工作」というプロセスにしたら、もっと歩留まりがよくなるんでしょうが・・・時間が・・・(>_<;)。
b0098477_21124750.png











(2)CADで検証する際に「これは使える!」と思ったことはないか?という質問に対する回答です。名工大と大阪府立大学の2校のデータです。
・両方の大学で樹系図と、形を理解しやすいは!という感想です。
・大阪府大の先生はCADと長い付き合いをしておられます。それでかな?CAD操作に関する項目に!がついています。
・一方名工大の学生さんはCADの機能について!が少ないです。学校の先生がCAD操作暦が少ないから、突っ込んだ指導をしてもらえなかったからかな? でも、課題がよかったのか、断面や強度をチェックする機能に!が多いです。名工大の先生に対してCADの特訓をしたら、もっと!が多い結果を得られるかもしれません。
b0098477_2125132.png








 そうだ大阪府立大学の発表で「それ以上でも、それ以下でもない」というキャッチコピーを作ったグループがいました。数直線を考えたら・・・う~ん、「以上でなく、以下でない」なんて、数直線上にないな。これ。ってことは複素数か何かかな??
 今日のところは、このくらいで。
[PR]
by cadic4d | 2014-02-05 08:41 | セミナ・講演 | Comments(2)
Commented by いとう at 2014-02-05 10:28 x
シラバスを見ると大阪府大は設計製図Iで半年掛けてCADに習熟しています.一方名工大は手描き製図を中心の演習なので,この授業までにCADに触るのは2~3回程度.製図規則を理解するには手描きが必要と考えているので,アンケート結果に差が出てもこれはこれでいいのかなと思います.
また,名工大は必修科目でクラス全員が受講します.人数が多すぎて対応が大変です.意欲不十分な学生がグループ作業の障害ともなります.これを考慮してアンケートをどう解釈すべきか,難しいですね.カリキュラム変更の時期を捕らえて,選択科目に変更したいところです.
Commented by cadic4d at 2014-02-06 18:29
後日 相談に行きますね。
いまのところ 名古屋に仕事で行く予定は・・・???