レンタカー

b0098477_22521233.jpg 出張先でレンタカーを借りて運転することがあります。最寄り駅から顧客先まで、タクシで片道3000円を超えるか否かをタクシかレンタカーの敷居値にしています。日本で借りる場合には「ナビついてて、一番安いの!」と店員さんにリクエストします。今日はビッツを借りました。ボディが硬くってしっかりしてました。あとはエンジン音を心地よくしてくれたらいいのにな~。4発だから無理かな?

米国ではジャガーのXやマスタングのオープンなんてクルマを借ります。高そうに思えるんですが、ジャガーのXで1日100ドル、マスタングのオープンで70ドルくらいです。日本じゃこんなクルマをレンタできないし、もちろんこの値段では借りられません。だからたまには贅沢してよいか?と思い、このクラスのクルマを借りて運転します。街中では左折・右折には気を使いますが、フリーウエイだったらぶっ飛ばすだけだし何とかなりますね。米国在住の友人を同乗させた際に「どうせ国際免許だろ?捕まったって見逃がしてくれる。大丈夫だから飛ばせ!」と嗾けられて120マイル/Hrくらいで巡航してたこともあります。(内緒)
 さて、米国でレンタカーを借りる/返却するのは簡単なんです。日本だとお店に出向いて手続きして、そのあとクルマを一回りさせられてサイン。返却も同様です(お店によって多少簡単なところはあるけど)。米国だと借りる際にキーを渡されて「駐車場の何番にクルマを停めてあるからね」という指示をもらうだけ。返却も係の人がいるところに乗り付けて終わり。返却ではサインも何も必要ないんです。もっともクレジット決済なので、ガソリン代や傷をつけた際の保証は自動引き落としされます。
 これと似たシステムがホテルにもあります。ホテルにチェックインしたらカード番号を控えてもらい&サインもします。基本はこれで決済完了です。チェックアウトの日、朝の4時ころに部屋のドアの下からA4サイズの明細書がスルスルっと差し込まれます。「これで相違ないか?文句ないならとっとと部屋を出てっていいぞ。」という旨も記載されてます。これはファーストチェックアウトと言ってフロントに並んでチェックアウトするのは嫌でしょう?時間の節約をできますよ。という仕組みです。初めてのときは「こんな紙があったんだけど・・・チェックアウトしま~す」とフロントに行ってチェックアウトを申請してました。(^^!)
 さてアメリカって利用する側の利益を考えてサービスするのが得意ですね(航空機のチェックインなんて全然ダメだけど)。サービスを受ける側の利益を最大化するという感じかな?
一方、日本はサービスを供給する側の利益を最大にするように仕組みを考えてるような気がします。サービス業や小売業で伸びてるのは受け側の利益を最大化することに注力している企業のような気がするんですが・・・。
えっ!! 誰ですか?「お前は安いサービスの悪そうなところにしか出入りしてないから、サービスのよい店を知らないだけだ!」って言ったのは。(+o+)
[PR]
by cadic4d | 2006-06-04 22:53 | 出張