人気ブログランキング |

カテゴリ:PC etc( 657 )

よくできてます。テスラくん。高速道路の本線を走ってる際には「運転手がすること」ほぼありません。高速のランプエウエイくらいかな?やること。でも「おもちゃ」感は??です。米国では通勤に往復100kmをクルマで移動する人がいるとか。その移動を楽に&安全にということを目的にしてるんでしょう。だから「よくできた道具」と感じます。
 走ってる際、バッテリの残量は?と気になります。いまは昔、出先でPCの電源を探してたころに似ています。心斎橋のテスラを出てから、5分ほど走って→そのあと1時間くらい高速を走ってます。その間4箇所の充電スポットがありました。でも3箇所は先約が充電中。いま、4箇所めで充電しています。「満タン」にはしくれないようです。1回あたりは、所定のエネルギ量で打ち切りみたい。それでも30分かかります。初めての充電でドキドキしました。
b0098477_14164910.jpg

 テスラ の1泊2日の試乗があたりました。\(^○^)/ 今日から 明日にかけて借ります。ちょっと遠いお客様のところに テスラ で行ってきます。高速でのレーントレースはどんな具合かな?いや、それ以前に レーントレースのスイッチは どこ? どうやって充電するの? WEBから取説をダウンして&読んだんですが、実物がないと 覚えられないです。
 さて タンブラのふたは・・・・ぐねぐねしたインフィルは 直径で3%くらい縮みました。直線状のインフィルだと1.5%くらいかな?少しですが、効果がありました。

 タンブラのふたを、また作っています。3Dプリンタの専用ソフトが、樹脂を節約するために中実のCADデータを中空&補強を作成してくれます。前回は半円形の組み合わせのような補強を選択しました。タンブラに熱いお茶を入れると、直径100mmくらいのふたが2mmくらい縮みます。半円形の補強が温度によって直線状に近づこうとしているからかな?と思いました。で、補強を直線状にしたデータを作成→プリントしいます。タンブラに熱いお茶を入れたら どうなるか?

b0098477_13355036.png
b0098477_13354401.png

 熱いお茶をいれて「作ったタンブラのふたをかぶせる」と、ふたが変形してふたとタンブラの隙間が大きくなることがわかりました。平になるように作ったふたが・・・。変形を考慮して造形する・・・う〜〜ん、どうしたらいいかな?


 何個目かな?3Dプリンタでタンブラのふたを作りました。内容物が冷たいときには「ふたをはめるのは硬く、熱いものを入れると スカスカ」になります。熱膨張の解析をしないとダメ?
 タンブラにつけてる紫色の帯は、ティーバッグの端を止めておくためのゴムです。
b0098477_07460409.jpg

 出張中に ホテルでOnShapeを使ってCADデータ作成。昨日、帰宅してから プリンタで作りました。中国の木工芸品で、外が網の目みたいになってて、その中に造形したのが・・・。それみたいな 形状のおもちゃです。なんとなく、作ってみたくなって・・・。
b0098477_20355785.png





















b0098477_20355777.png






















b0098477_20380239.jpg
























b0098477_20380374.jpg

 四苦八苦したらiPhoneが立ち上がった
 交換した液晶? 顔認証のカメラ? がトラブルです。飛行機の中でシャットダウン→SIMを交換→電源ON立ち上がりません。しゃあなく、日本で使ってるSIMを挿入、やっぱり立ち上がりません。目的地の空港に到着したら AppleWatchがメッセージを通知してくれました。ということは 電話の機能は生きてる。いまの状態では 電源を切って&再起動すらできません。
 さらにさらに・・・iPadにSIMを入れたんですが・・・キャリアは見つかるんですが、通信をしてくれません。あ〜あ。街で データSIMを買って&アクティベートしてもらうか。

 今日は午後から大阪でMTGでした。その際のお茶代をSUICAで払おうとしたんですが、お店の型が使えないとのこと。QuickPayなら使えますとのこと。でQuickPayを使いました。初めてです。ふ〜〜ん。
 先日、スマホを落としてしまいました。で、画面を割ってしまいました(> <)。自宅から遠くない修理屋さんを探しました。液晶には松と竹がありました。松は消費税を入れて5万円くらい。竹は3万円くらい。竹にしました。以前に比べて
・画面の端3mmくらいが不感帯になった?
・以前よりゆっくりと操作しないと反応しない?
なんていう文句あります。でも、落とした私が悪いんです。