人気ブログランキング |
季節外れ?アゲハがいました。羽化したてみたいでした。
b0098477_20564382.jpg

 新幹線に乗って 東へ。1時間ほど前に帰宅しました。晩御飯食べて→メールチェックしながら、録画しておいた朝ドラ見て。さあ、お風呂に入ろうっと。一息中です。
 熱いお茶をいれて「作ったタンブラのふたをかぶせる」と、ふたが変形してふたとタンブラの隙間が大きくなることがわかりました。平になるように作ったふたが・・・。変形を考慮して造形する・・・う〜〜ん、どうしたらいいかな?


 昨日、大学の先輩でマジシャン(これが本業かな?)で某企業の部長(裏の仕事かな?)をしておられる方にお会いしました。マジックで人の注目を集めるお話を聞きました。マジックは魔法じゃない(だろう?)から、ネタがあるはずです。そのネタを元に、長時間の練習をしてマジックになるんでしょう。いくつかのマジックのネタをバラしてもらいました。その際に「なるほど」とは思いますが、「自分でできるようになりたい」とは思わなかったです。「自分でマジックをできるようになったときの(想定できる)喜び」と「できるようになるまでの練習の辛さ(辛いかな)」とのバランスを考えて、投資対効果が合わないと思ってるんだと感じました。
 私が指導してるお客様も同様なのでは?と。指導した内容を実践で使えるようするには練習が必要です。現在持っておられる知識や考える力によって、必要な練習の量が異なります。指導されてる方たちは「私がマジシャンになることを考えなかった」のと同様に「獲得できるスキルと練習の量のバランスを考えて、スキル獲得を諦める」人がいるんだろうなと考えました。じゃあ、どうするか? 最初からイリュージョンみたいなすごいマジックを指導するのではなく、その人のスキルにあった簡単なものを指導するというこが必要なんだろうなと。
 大卒の人のスキルの差、大きいです。企業規模によりますが、下は小学校3年くらいのことしかできない人がいます。工学部を出てても。

 何個目かな?3Dプリンタでタンブラのふたを作りました。内容物が冷たいときには「ふたをはめるのは硬く、熱いものを入れると スカスカ」になります。熱膨張の解析をしないとダメ?
 タンブラにつけてる紫色の帯は、ティーバッグの端を止めておくためのゴムです。
b0098477_07460409.jpg