b0098477_5322595.jpg 今日は好きな本を紹介します。大好きな本の一つにデッド・ライン(日経BP社、トム・デマルコ著)があります。リストラされそうになったソフト会社のおっさん(主人公=トムキンスっていう名前です。その命名の仕方がうれしかったです。)が女スパイに誘拐されて、某国の「パッチもんソフトを作って大儲けしよう」という国家プロジェクトのリーダに抜擢されます。いろんな外乱があったにも関わらず、予定通りにプロジェクトを遂行します。最後にはストックオプションで大儲け。さらにおまけとして彼を誘拐した女スパイと結婚という落ちまでついてる想像のお話です。筆者は「ソフトウエア構築で一番重要なものは何か?」ということを面白おかしく、しかも訴求力あるように表現したかったんです。読んでみて、訴求力ありましたよ。あまりに面白かったのでトム・デマルコの著作を一通り買いました。また彼が東京に講演に来た際には聴講しにいきました。一緒だった友人なんて「トム・デマルコとの2ショット」を撮影してもらって喜んでました。 何がそんなに面白いかって?? 私は「原理・原則に戻ることが大事」というのが面白いと感じました。主人公がソフトウエアの神様(と呼ばれてる人)のところへ「デバッグ(検証作業)が多くて、プロジェクトが遅れています。どうしたら予定通りにプロジェクトを終えられますか?デバッグの要員を増やすしか手はないですか?」と質問をしに行きました。そしたら神様は「デバッグをやめなさい」との回答。一休さんの禅問答のような答えに主人公は??となります。その答は「仕様書(どんなソフトを構築したいかを記載した資料)に不明確なところが多い。その状態で作業を進めるから、後になってつじつまの合わないところが多々出てくる。だからデバッグなんてやめて、仕様書を作成することに力を注げ。」というものでした。開発期間のうち70~80%くらい(数字を正確に覚えてません)の時間を仕様書作成に割けということも記載してありました。正しいですね。弊社内、社外(お客様)の仕事を見ていると、GOALが見えてないから・・・何をやらなければいけないかを正確に掴めてないので、やり直しの作業がいっぱい出てくる。また作業が進むに連れて、新たな作業が出てきて・・・いつになっても作業を終えられない。もち、作業完了の予定も立たない。うん、うん。
 さて社員の皆さん、この記事を読んで「むっ」としたなら、ごめんね。こんな状態はあなた達だけじゃないよ。こんなのが本になるくらいなんだから、世界中でこんなことがおきてるんだよ。でもそれから抜け出せたら、すごいスキルを持ったことになるんだよ。それを期待しての愚痴だからね。許してね。

では。
*************************************
いま、某社でソフト作成のためのMTGに出席してます。(内職してます)作成会社の方に作業手順を説明してもらったけど、納得いかないよ~。トムキンスさんが欲しいよ~。
[PR]
b0098477_5101320.jpg 我が家は木々に囲まれてる・・・というと聞こえがよいですが、山の中です。虫に悩まされます。電子蚊取り器は5月から11月まで電源をず~っとONにしています。夕べ、番犬に晩御飯をやろうと思い息子と二人で戸外に出たら・・・彼が軒先に15cmほどのムカデがいるのを見つけました。棒で突っついて落とすと、ムカデが上から自分の上に落ちてくるのが怖いし・・・。それで軒先でムカデを見つけたときには斜め下からモデルガンで打ち落とすことにしてます。打ち落としてから殺虫剤を使って処理します。今日はそんな重宝な(??)モデルガンを紹介します。殺虫剤だと軒下までは届きません。あまり強力でなくてもモデルガンなら十分届きます。お勧めはポンプ式のモデルガンです。これだと充填用のガスが不要です。
 今回は、落ちがなくてすいません。
[PR]
b0098477_733547.jpg 昨日は息子と一緒に近所のトイザラスに行ってきました。店内に入りロボットで少し遊んだ後に、ミニカーのコーナに移動しました。二人で「このコブラⅡがかっこいい」「それもええけど、こっちのマスタングが・・・」と、自分のほうが格好いいクルマを見つけられるという自慢をしてました。(二人して小学生みたいと言われるかな?)そのあとはラジコンとプラモデルのコーナを行ったり来たりしてました。最後には「これならお年玉で貯めたお金で買えるかな?」とRX7のラジコンを手にしました。1999円でした。こ記事を読んでおられる方が幼かったころにはラジコンってもっと高かったでしょう?どうして、こんなに安くなったか御存知ですか?メーカがコストダウンに努めたのですが、その中で一番大きかったのは送受信機のグレードダウンだと考えています。プロポーショナルとON/OFFというと分かりますか?以前の送受信機、またいまもセットで1万円の後半以上するものではプロポーショナルという形式のものを使ってます。送信機のレバーを倒した角度に比例して(プロポーショナル)舵の角度や、モータの回転数を制御する機構を備えてます。(サーボなんて知ってるかな?)ところが息子が買ったような廉価版のラジコンではレバーを倒すと、受信側ではスイッチがONもしくはOFFになります。彼からラジコンを借りて操縦してみましたが「ちょっとだけ左」のような微妙な制御はできず、思い通りに操縦するのは難しかったです。
 「小学生でも買える」ように、ラジコン=プロポーショナルという先入観を打ち破ったところが素敵ですね。

 でも、いつかプロポーショナルのラジコンを買いたいな~(^^)。
[PR]
b0098477_76883.jpg 一昨日からのどに痛みがありました。どうやら夏風邪を引いたようです。風邪薬を飲んだけど、あまり楽にならず。昨日は早々に会社を引き上げました。「1年間に、どれくらいの風邪薬を飲むだろう。たくさん飲んでるな~」と考えつつ「そうだ、風邪薬も仕事の道具だ!」と思いました。今日は仕事に使ってる道具(?)をいくつか挙げてみますね。





(1)ノートPC
通信とプレゼンのために必携です。PHSカードを装着してて、どこでも通信できるようにしてあります。
(2)携帯電話
これも通信の手段ですね。お客様の工場は街から外れてることが多いです。それでも圏外になる可能性の低いドコモのMovaを使ってます。さらに海外専用としてVodaPhoneを持ってます。
(3)デジカメ
打ち合わせでメモをしたホワイトボードを撮影したり、お客様が対象としている機械の画像を撮影するのに使います。機械の動きを見たいので、動画撮影機能つきのデジカメを使ってます。
(4)ノート
打ち合わせをしたり、説明する際に用います。A4サイズで、ページを引きちぎってもバラバラにならないノートがお気に入りです。
(5)柔らかいペン
ファミレス等で食事中に説明することも多々あります。そんなときには紙ナプキンに絵を描きます。そのために柔らかいペンが必須です。
(6)クレジットカード
自らの出張旅費清算の手間をけちるために、また会社で清算処理をしてくれる事務の手間をけちるために会社名義のカードを持参してます。
(7)のど飴
講演や客先とのMTGで大声でしゃべる機会が多いです。そこでのど飴は必携です。
(8)お茶or水
これものど飴と同じ目的です。
(9)うがい薬と風邪薬
出歩くことが多く、また大声を出すことが多いので風邪を引く確立が高いように感じてます(不摂生だから体が弱いとも言う人もいます。)。寒い季節には持参してることが多いです。暖かくなると手放してしまいます。
 あ~あ、早く直さないと!
では。
[PR]
b0098477_538143.jpg 2001年の年明けに大阪府立大学のKさんから「学生に3DCADの操作を教えられるが、CADを使った設計手順を教えられない」と告られたのをきっかけに「学生に機械設計って面白い」という体験をしてもらおうという夏休みセミナを開催するようになりました。(学生さんだけではポンチ絵を描けないので、社会人にも参加をお願いしてます。)「企業さんは設備と知恵を貸してください。学生さんは汗を提供してください。金の支援は受けません。宿泊・飯代は必要ですが、受講料は不要です。」というボランティア(かな)の志のもと、新明和工業さん・三菱電機さん・サイバネットシステムさんという企業に助けていただき、また大阪府立大学・近畿大学・京都大学・大阪府立高専の先生がたにお手伝いしてもらって運営してます。
 参加者を募ったり、会場を借りるお願いに伺ったり、サーバを借りるお願いをしたり・・・頭を下げて走り回ってます。(偉そうに「貸して!」と言ってるかもしれません(^^!)。)これらについては回を重ねるに連れて・・・楽になってないな~。参加者が増えて、仕事が増えてきました。お手伝いしてくださってる方の心意気に感謝!!!です。
 毎回のことなんですが、これ以外に頭を悩ませることがあります。ヒントの与え方と課題の選定です。
(1)夏休みセミナでは「問題の本質を見抜く力を養わせたい」という思いがあります。そうするとヒントを減らしたくなります。ですが、ヒントを減らすと完成に至らないグループが多数でてきます。完成に至らないと達成感というか、参加した意義のようなものを強く感じることができなくなるのではないかと考えました。そこで昨年からはヒントをたくさん与えて「大きく遅れるグループ」を減らすように努力しています。痛し痒しのところです。
(2)主体は模造紙を使ったグループ討議なのですが、最後には3DCADとCAEを使った検証を行います。検証をすることによって「模造紙を使った討議は重要だった!」と実感してもらいます。そのためには3DCADとCAEが「美味しい道具だ!」と実感できる課題が必要です。セミナ期間は3日間です。3日間という短い期間の中で美味しいと感じてもらいたい事項として
☆仕様が大事。CADやCAEは検証するための道具。
☆樹系図(私が作った言葉。樹状構造でシステマティックにという意味を込めた)(部品表の構造というのかな?)が大事
☆部品やサブアッセンの基準をおろそかにするな!
☆完成させると5000部品のアッセンであっても、そのうち主要な50部品をそれぞれ外形だけを示す直方体か円柱という1コマンドで表現すると機械全体のレイアウトがOKかNGかを検証できる。
☆さらに50部品のうちカバーなどの板金や薄物樹脂部品に限って「薄肉コマンド」を使うと、完成のときの質量に対して±20%くらいの誤差で質量を計算することができる。
★質量を誤差小さく計算できるので、重心と固有振動数も誤差小さく計算できる。
難しいとは言え☆を体感させる課題を考えるのはなんとかなります。でも★を3日間で体感させる課題を考えるのは難しいです。今年はどんな課題にしようかな?と迷ってます。
では。
[PR]